総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事楽天の愛車

「キング・オブ・4WD」 ランドクルーザー

30万台以上の在庫から簡単検索 欲しいクルマがきっと見つかる

車の防犯 防犯の心得(2)

車・バイク好きの方必見!『スナップオン・オリジナルグッズ』

防犯の心得(2)
世界最高SUV ランクルに乗ろう 車の防犯対策


rankuru_1001.jpg


前回に引き続きまして防犯の心得についてご紹介していきますので、ぜひ参考になさってみてはいかがでしょうか。

・ドアとトランクのカギが兼用となっている場合は、特に注意が必要です。
最近の犯行手口として、トランクのシリンダーを外し、それを利用して合鍵を作るというケースが多くなってきているからです。
トランクの鍵穴をつぶすわけにはいきませんから、そのような事態にならないようにトランクが開いたら鳴り出すような防犯装置をつけることをお勧めします。
カー用品店で防犯専用のものを購入しても構いませんし、最近防犯グッズとしても人気の高い防犯ブザーや携帯用のアラームなどを使ってもよいでしょう。

・普段車を停める際は、なるべく人目に付きやすく人通りの多いところが良いでしょう。
これだけで、防犯対策の一つになります。
例としては、なるべく駐車場出入り口において落ち着いて犯行できないような場所がお勧めです。
また、料金所の付近なども必ず人が立ち寄る場所ですからお勧めです。

・やむを得ず駐車場を借りる場合も、まわりの環境に気をつけて選ぶことをお勧めします。
夜中もきちんとした明りの確保があって、人通りの多い場所を選びましょう。
明るさと人通りは犯行場所としては最も嫌われる場所ですから、防犯対策に有効です。

このように、防犯対策は誰にでもできる簡単なものです。
少しの注意や配慮によって愛車を守ることができますので、ぜひ実践してみましょう。
また、まわりの方にもアドバイスとして教えても良いでしょう。

スーパーロックS500盗難防止カーセキュリティー

スーパーロックS500盗難防止カーセキュリティー

  • 出版社/メーカー: タケハラ(TAKEHARA)
  • メディア: エレクトロニクス





posted by ランドクルーザー ランクル 記録の細道 at 13:22 | Comment(0) | 車の防犯対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海外の防犯事情(5)

アンケート調査06クリック!エコ社会に関するアンケートでJTB旅行券10万円分!

海外の防犯事情(ドイツ)
ランドクルーザー 世界最高SUV ランクルに乗ろう

rankuru100_2.jpg


前回まで、カナダとイタリアの車に対する防犯事情や防犯対策をご紹介してきましたが、今回はドイツについてご紹介しましょう。
ドイツは犯罪率が高い国とも言われており、原因としては麻薬のまん延や失業率が高いことなどが挙げられます。
駅や繁華街、路上などでの犯罪が多くなっているようです。
自動車盗難でみてみますと、1993年頃がピークといわれております。
東西の壁が崩壊された後に東欧に向けて盗難車が持ち出されたことから始まり、1990年から1993年の間には14万台もの車が盗難に遭いました。
この状況を止めるべく、ドイツでは1995年からイモビライザーの装着が義務化されました。
イモビライザーとは、車の防犯対策として最も効果的な対策と言われており、日本ではイモビライザー装着車には保険の割引をしている保険会社もあります。
イモビライザーの詳細につきましては、以前にもご紹介しましたのでそのお話も合わせて御覧になってください。

ワイズギア:A324 イモビライザー 標準装備車専用 アラーム

ワイズギア:A324 イモビライザー 標準装備車専用 アラーム

  • 出版社/メーカー: ワイズギア
  • メディア: その他


「EU内で出荷される新車はイモビライザーを標準装備にすること」という指令が出されたのは、その2年後ですからドイツはいち早く防犯対策に取り組んでいたわけです。
このイモビライザー標準装備対策によって、1997年の自動車盗難件数は1993年と比べますと約65パーセントも減少しました。
ドイツでの車の防犯対策としては、駐車場に気をつけることでしょう。
日本においてもいえることですが、暗いところや人通りの少ないところは避けましょう。
また、鍵をかけることを忘れないこと、車の中に荷物や貴重品を置いたままで離れないようにしましょう。
カギの閉め忘れなどの些細なミスが大きな犯罪につながることもありますから、十分注意してください。


posted by ランドクルーザー ランクル 記録の細道 at 05:13 | Comment(0) | 車の防犯対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海外の車の防犯事情(4)

車が業販価格で購入できる【業販価格.com】  Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

車の防犯対策
海外の車の防犯事情(4)
ランドクルーザー 世界最高SUV ランクルに乗ろう

rankuru_200-2.jpg


今回も引き続き海外の防犯事情についてのご紹介です。
前回に引き続きましてカナダの防犯対策をご紹介していきましょう。
日本とカナダでは、国の違いはあるものの車の防犯対策は参考になるでしょうし、海外に住む場合には実際に防犯対策として行える内容ですから、この機会に覚えておいてはいかがでしょうか。

・最近、カナダのバンクーバ付近ではガレージ強盗が増えています。
この状況に地元の警察は、住民に注意を呼び掛けているということです。
ガレージ強盗は、ガレージという閉じた空間の中で人に見られることがなく、強盗にとっては犯行しやすい場所と言えるでしょう。
犯行しやすいということは、それだけ危険な場所とも言えるでしょう。

犯行手口としては、運転手が車から離れたところを狙ったものが多く、運転手がガレージを閉める際に気づかれないように近づきシャッターが完全に閉じる前にガレージ内へ入り込むというものです。
地元警察は、自宅に戻る際などは車の後ろに注意し誰かにつけられていないかよく確認することを呼び掛けています。
もし、誰かにつけられているようであれば決してそのままガレージに入ることなく、最寄りの警察所へ行くか通報するなどの対策を呼び掛けています。
また、ガレージは密室になると大変危険ですから、ガレージを開ける際はまわりに不審な車や不審な人物がいないかどうかをしっかり確認した上で開けることと、ガレージを閉める際もシャッターが完全に閉まるまで見届けてからガレージから離れることも呼びかけています。




posted by ランドクルーザー ランクル 記録の細道 at 14:27 | Comment(0) | 車の防犯対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海外の防犯事情

車の防犯対策
海外の防犯事情
ランドクルーザー 世界最高SUVランクルに乗ろう

rankuru_200-1.jpg


さて、これまでは日本国内の車の防犯対策や、実情についてご紹介してきましたが、今回からは海外の車に対する防犯事情をご紹介していきましょう。
日本に比べますと、海外のほうが防犯対策はしっかりととられており、防犯意識も高いと言われています。
これは、日本と海外の治安の差が理由と言えます。
日本もいつか海外並みの防犯対策と防犯意識が必要になるかもしれませんので、ぜひ参考になさってください。

カナダのバンクーバでは、年間の盗難車の総数は約1700台と言われています。
これは、一日に約40台以上の車が盗難に遭っているということになります。
盗難だけではなく、車上荒らしやいたずらについては1日100台以上とも言われており、このような状況では防犯対策は必須になるでしょう。
車を窃盗する犯罪者の大半はスリルを求めることが多く、スピードを出して無謀な運転により全く関係のない人々に怪我をさせ、最悪の場合は殺してしまうこともあるそうです。
自分の愛車が原因で事故や犯罪につながり、誰かが傷つくということはとても悲しい出来事でしょう。
カナダの人々はそれを防ぐために、防犯対策をしている人が多いそうです。
しかし、盗まれるという実情が変わらないということは、今もなお得に対策もせずにいる人たちがいるからです。
対策をしない人々が悪いというわけではありませんが、防犯対策は未然に防ぐことが目的なわけですし事故や事件は起きてからでは遅いのです。
統計では、一度盗難に遭った車が奇跡的にも発見された場合、そのあとに防犯対策をしないという人も多く、そのようにセキュリティ対策のなされない車が再び盗まれるという事態は起きやすくその割合は平均以上の確率ということです。

次回は、対策についてのご紹介をしていきましょう。

関連リンク≫世界最高SUV。ランクルに乗ろう

ランドクルーザー パーフェクトガイド 綴じ込み付録DVD

ランドクルーザー パーフェクトガイド 綴じ込み付録DVD

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: フォーバイフォーマガジン社
  • 発売日: 2007/10
  • メディア: 大型本






お金がない?それは財布のせいではないですか?

posted by ランドクルーザー ランクル 記録の細道 at 22:27 | Comment(0) | 車の防犯対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛車の防犯対策グッズ(1)

愛車の防犯対策グッズ(1)
ランドクルーザー 世界最高SUVランクルに乗ろう

rankuru_LX5701.jpg


前回までは愛車の防犯対策についてご紹介してきましたが、今回からは防犯対策グッズのご紹介をしていきましょう。
比較的高価なものが多いのですが、車を新たに入手することを考えればそれほど高い出費でもないと思いませんか?この機会に購入を検討されてはいかがでしょうか。

「ホーネット718M]
・駐車場などに停めているときに、ドアがこじ開けられた、窓ガラスが壊されたりなどして車体に衝撃が伝わった際、サイレン音が鳴り響くものです。
トラックなどが通っただけでも作動してしまうものが多いのですが、ホーネット商品は誤作動を減らす工夫もされておりますのでベストセラー商品として人気が高いです。

「ホーネット725M」
・この商品はホーネット718Mよりも数万円高めの商品となります。
本格的なセキュリティを求める方に向いており、ホーネット718よりも多くのオプションをつけることが可能です。
ホーネット最強モデルとも言われており、車載物盗難保険も付いておりますしドアのこじ開けをキャッチするドアトリガーも付いております。

「ホーネットミニ」
・ホーネット商品の中では比較的お求めやすい価格で、ポップで豊富なカラーも人気です。
付属のリモコンで強制的にサイレンを鳴らすことができますし、警告音とサイレンの2つの音を使い分けるセンサーとわずかな動きにも反応する電流センサーも付いております。

最近では、オークションなどで販売価格よりも安く手に入りますのでそちらもご覧になってから購入することをお勧めします。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by ランドクルーザー ランクル 記録の細道 at 10:02 | Comment(0) | 車の防犯対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

車上荒らし

世界最高SUV ランクルに乗ろう 車の防犯
車上荒らし

rankuru_1002.jpg


今回は車上荒らしについてのお話です。
車上荒らしとは、車内に積んである荷物や貴金属などを盗んだり、荒らしたりすることです。
以前、車の盗難についてお話した際に狙われやすい時間帯をご紹介しましたので、そちらも合わせて参考になさってください。
車上荒らしの発生曜日としては、それほど目立った曜日はないものの、比較的被害が増えている曜日は火曜日と水曜日と言われています。

ですが、これは警察に届けのあったものの曜日ですから、未届けのものを合わせますとまた変わってくるかもしれません。
驚くことに、警察に被害届けを出す方と同様数、被害届を出さない方もいるということです。

手口としては、まずは車のドアのカギが開いているかどうかを確かめ、開いていればそのまま中に入って車内を物色します。
金目のものがあるかどうかトランクまでくまなく探します。

カギがかかっている場合は、窓の隙間から針金を入れてロックを外します。
荒い者は、窓ガラスを石やハンマーによって割ることもありますし、鍵の扱いに慣れているものはピッキングという手法で簡単に鍵を開けてしまいます。

このように、車上荒らしは防犯対策をしっかりすれば防げるものです。
最近では、車が振動を受けた場合にアラーム音が大音量で響き渡るものも防犯グッズのひとつとして出ていますし、鍵をかけないということは自分意識によって見直すことができます。

次回も、引き続き車上荒らしのお話をしますので、情報のひとつとしてこの機会にその手口を覚えておいてはいかがでしょうか。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ





posted by ランドクルーザー ランクル 記録の細道 at 13:35 | Comment(0) | 車の防犯対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

防犯の心得

世界最高SUV ランクルに乗ろう 車の防犯対策
防犯の心得

rakuru_70-1.jpg


今回は車の防犯の心得についてお話していきましょう。
簡単にできることですから、すぐに実践してみてください。

・盗まれるケースが多いこととして、車に鍵をつけたまま車外へ出ることが挙げられます。
「コンビニに入るだけだし、少しの間なら大丈夫」「すぐそばのポストに郵便物を投函するだけだから、エンジンかけたままで大丈夫」など楽観的に考えず、必ず鍵を抜きロックをかけてから車から離れましょう。

・運転中の暑さや、空気の入れ替えなどで窓を少し開けた場合は、駐車した際すっかり忘れてそのまま車から離れてしまうということが多いと言われています。
また、真夏に駐車する場合なども空気がこもらないようにと少しだけ窓を開けたまま駐車する方も多いのではないでしょうか。
このような状態にしておきますと、その隙間から鍵を開けられてしまいます。
車から離れる際は、鍵だけではなく窓もきちんとしまっているかどうかを確認しましょう。

・窓をしっかり締めていても窓を割られて中を荒らされるというケースもあります。
実際に私の友人もこの被害にあったひとりです。
しっかり鍵をかけ窓も閉めていたにも関わらず、運転席の窓ガラスを割られて中に置いていたパソコンやデッキ、現金などを盗まれてしまい被害額はかなりのものでした。
このような事態は防げないわけではありません。
最近では、少しの振動でも作動してサイレン音を鳴らして犯人を威嚇するグッズも出てきていますので、それらを活用して車上荒らしから愛車を守りましょう。

これらは、防犯の心得のほんの一例です。
次回もまた心得についてお話していきましょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

中古車選びのコツ インターネット中古車選びのコツ 軽自動車中古車選びのコツ 新古車中古車選びのコツ ひょう害車中古車選びのコツ モデルチェンジ中古車選びのコツ グレード

もしも定額給付金が100万円だったら・・・


posted by ランドクルーザー ランクル 記録の細道 at 17:07 | Comment(0) | 車の防犯対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

車の盗難保険(イモビライザー割引)

ランドクルーザー 世界最高SUV
車の盗難保険(イモビライザー割引)

rankuru_200.jpg


大切にしている愛車が盗難被害に遭うことは、もはや他人事ではなくなってきています。
いくら防犯対策をしていてもプロの窃盗集団はいとも簡単に盗んでいくからです。
こうなれば、自身の手で出来る限りの防犯対策をする必要があります。
それに、有効とされている装置が、イモビライザーです。
前回に引き続き車のイモビラーザーをつけると割引のある保険会社についてご紹介していきましょう。
東京海上
・イモビライザー装着者は、5パーセントを割引く「イモビライザー割引」があります。
ただし、メーカーの標準装備かメーカーオプションに限られますので、後付けのものは対象外となるので注意してください。
セコム
・こちらも盗難装置割引が5パーセントあります。
また、ココセコムに加入していれば、通常現場急行の際にかかる利用料1万円の費用が、盗難の場合無料になるというサービスもあります。
日本興亜
・メーカー純正のイモビライザー装着車の場合は5パーセント割引され、メーカー純正以外の物やその他の装置に対しても1パーセント割引されます。
また、盗難によって車を新たに買う際は購入費用として、10万円まで補償されるというサービスもあります。
車両保険は毎年、もしくは毎月支払うものですから内容をよく確かめてお得に利用したいものです。
内容を確認せず満期がきたら、そのまま更新する方も少なくないでしょうが実は保険会社によってサービスは様々違います。
この他にも保険会社によってサービスがいろいろありますので、この機会に調べてみてはいかがでしょうか。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ランドクルーザー ランクル200の値引きランドクルーザー ランクル200系ランドクルーザー ランクル200レポートランドクルーザー ランクルの盗難ランドクルーザー ランクル タイヤホイールランドクルーザー ランクル タイヤの分類と特徴


posted by ランドクルーザー ランクル 記録の細道 at 15:23 | Comment(0) | 車の防犯対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

車の盗難と保険

世界最高SUV。ランクルに乗ろう
車の盗難(4)
http://tyuukoyoiyoi.seesaa.net/article/114943679.html
ランクル2-200090217.jpg



この続きの記事はこちら≫≫

30万台以上の在庫から簡単検索 欲しいクルマがきっと見つかる
posted by ランドクルーザー ランクル 記録の細道 at 16:48 | Comment(0) | 車の防犯対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

車の盗難 高級車種(ランドクルーザー等)

世界最高SUVランクルに乗ろう
車の盗難 高級車種(ランドクルーザー等)

前回に引き続きまして、車の盗難についてのお話です。

ランクルエアロjpg

前回は、イモビライザーという装置が防犯対策として有効であるというお話をしましたが、今回は狙われやすい車について詳しくご紹介していきましょう。

被害台数の多い車としては、セルシオランドクルーザークラウン、メルセデスベンツ、マークツー、ハイエース、タウンエース、パジェロなどが挙げられます。
この中で、一番狙われやすいと言われている車の一つが、ラウンドクルーザーです。
その狙われやすさから、車両被害件数が多く自動車保険の加入を断る会社もあるというほどです。
次に被害が多いと言われている車はセルシオで、日本でも若者に人気が高い車であればある程、海外の若者にも人気が高いということで狙われやすくなっております。
いずれも、プロが盗む車ですから、100パーセント確実に売れる車が選ばれているということです。
昔の日本の車両盗難と言えば、いたずら目的がほとんどでした。
車を乗りまわす程度のいたずらをするために盗むことから、現在では売買を目的とした国際的な犯罪へと移行してしまいました。
プロの窃盗団が、アジアやロシアやヨーロッパなどで売りさばいているのです。
日本ではこれまで、車の防犯に対する意識が低かったために、特に防犯対策をとっておらず窃盗団には狙いやすい国と評価されているようです。
これは規制緩和により、車両の国外持ち出しの手続きが書類ひとつで済ませられるようになったということでこの手軽さも原因となっているのではないでしょうか。
自分の車だけは大丈夫とは言えない事態となってきているのです。
特にランクルを持っているあんた、最善の防犯対策をお願いします。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


posted by ランドクルーザー ランクル 記録の細道 at 13:16 | Comment(0) | 車の防犯対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

車の防犯対策 イモビライザーキー

中古自動車 中古バイク 中古車選びのコツ
車の防犯対策 イモビライザーキー



高性能カーセキュリティシステム
「ロックオン LS-77ST」

車の盗難は年々増加しており、それに伴い車業界でも防犯対策はますます力を入れていると言われています。
前回に引き続きまして、盗難についてのお話をしていきましょう。
盗難車は人気車種を中心に被害にあっております。
特に、BMWやベンツなどの高級車やランドクルーザーやパジェロなどの四輪駆動車などが被害に合う確率が高くなってきており、これは日本だけではなく外国においても同様に言えることです。

日本と同じように、外国でも盗難防止対策が考えられているのですが、完全に防ぐ方法はまだ見つけられずにおります。
そんな中、注目されている国があります。
ヨーロッパです。
ヨーロッパは、イモビライザーキーの導入により各国から、盗難防止の効果に注目されております。
このイモビライザーキーとはイモビライザー(電子式移動ロック装置)という名前の装置で、カギの中に埋め込まれた電子チップと、車体の中に埋め込まれたIDコードが一致しないとエンジンがかからないというシステムです。
つまりカギがなければエンジンをかけることができないということで動かすことができません。
国によってはこの防犯対策の義務化も検討されているほど、その効果が期待されています。
日本でも、イモビライザーキーが導入されている車が増えつつあるとのことですが、普及としてはあまり広がっておりません。
今この情報を初めて知るという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
私自身もこの情報は最近知ったばかりです。
この有効な防犯対策が、すべての車に装着されるにはまだまだ時間がかかりそうです。


防犯カメラならアキバガレージ本店ですよ。秋葉原って防犯カメラも多いんですよね〜。

posted by ランドクルーザー ランクル 記録の細道 at 12:12 | Comment(0) | 車の防犯対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

車の防犯 車の盗難

世界最高SUV ランドクルーザー
車の防犯 車の盗難



YUPITERU カーセキュリティー「VE-S24R」

最近、自動車の盗難が年々増加傾向にあります。
特に高級車は狙われやすい傾向にあります。
不景気や不況が原因によって日本人が日本人の車を盗難し、外国人が日本にやってきて日本人の車を奪っていくケースまでさまざまです。
2000年以降から急増しており、それまでは年間3万件から4万件だったものが一気に5万件へと増えたのです。
車の盗難は検挙率も悪く、わずか20パーセントということでほとんどの車は戻ってこないのです。
犯人が捕まらずとも、せめて車だけは戻ってきてほしいと願っても、それさえも叶わないのです。
盗難件数は年々増え続けているのですが、それに対して検挙率は下がる一方とまで言われているほどです。
都道府県別でみてみますと、大阪が断然多く22パーセントで、物騒なイメージで見られています。
東京はわずか6パーセントということです。
では、なぜ大阪では一番盗難率が多いのでしょうか。
それは、大阪には盗難車を海外へ売りさばく闇のルートというものがひそかに存在していることが関係しております。
この闇ルートでは、高級車を中心に扱っているということですが、今のところそのルートがあるということだけで詳しくは分かっておらず、被害拡大に歯止めをかけることは出来ていない状態のままです。

このような組織的な犯罪の増加によって、いくら鍵をかけていても100パーセントの安全が得られないのが実状となっておりますが、こちらで紹介する方法を使って少しでも防犯手段を身につけてほしいと願います。



防犯カメラ&監視カメラのご相談とご用命は、当アキバガレージ本店まで
お気軽にご相談ください。秋葉原に詳しいスタッフが、懇切丁寧に
サポートいたしますよ。工事の見積もりもお受けしております。
≫明細はここ≪
posted by ランドクルーザー ランクル 記録の細道 at 10:16 | Comment(0) | 車の防犯対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

車の防犯と車

世界最高SUV ランドクルーザー 車の防犯
車の防犯と車


車上盗難警報装置

原油高や不況の世の中ですが、車は一家に一台当たり前にあるのではないでしょうか。
我が家にも数台ありまして、維持費が厳しいながらもその快適さを手放せずにいます。

さて、私の身の周りでは、残念ながらこの生活必需品にもなっている車に関する犯罪が多発しております。
私は幸運にもこの犯罪に巻き込まれたことはありません。
しかし、知人や友人はこの被害にあっております。
被害にあってから防犯対策をするようになり、話を聞いた私はそれに影響されて防犯対策をしました。

自宅アパートの駐車場に停めていた知人は、翌朝出勤時に車上荒らしに気づきました。
運転席のカギが壊されており、CDや、デッキ、衣類などが盗まれたようで、もちろんその犯人は捕まらず、気味が悪いからと車と住まいをかえました。
新しい車には警戒用ライトとサイレン装置がつけられ、防犯対策はしっかりしているようです。

飲み屋に行った際に、近くのパーキングに停めていた友人は、明け方車に戻って異変に気付きました。
こちらは、運転席の窓ガラスが壊されており、中に置いていた現金や、パソコン、デッキなどほとんどすべての機器が盗まれました。
その日に限って、金目の物を見えるところに置いてしまったと話していました。
車の鍵穴などは損傷がなかったために、窓ガラスを修理し警報機をつけまして、その後は被害にあっておりません。

被害にあってから、こうすればよかった、あのようにすればよかったと思うものです。
そうならないように事前の警戒と準備が必要ではないでしょうか。
次回から車の防犯についてお話していきましょう。


防犯カメラ&監視カメラのご相談とご用命は、当アキバガレージ本店まで
お気軽にご相談ください。秋葉原に詳しいスタッフが、懇切丁寧に
サポートいたしますよ。工事の見積もりもお受けしております。
→<
a href="http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1CCSW9+AF41UA+EX8+HUKPU&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fwww.akiba-garage.com%2F3200.html" target="_blank">自動車用防犯グッズ


posted by ランドクルーザー ランクル 記録の細道 at 09:47 | Comment(0) | 車の防犯対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ安い快適楽天BB人気ブログランキングへ

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。