総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事楽天の愛車

「キング・オブ・4WD」 ランドクルーザー

30万台以上の在庫から簡単検索 欲しいクルマがきっと見つかる

ランドクルーザーのフルモデルチェンジ

待ちに待ったランドクルーザーのフルモデルチェンジ。
SUVとしての世界ナンバーワンを争うトヨタのランドクルーザーは高級車と言っても過言ではなく、その価格も高価格ですよね。
確かにお金持ちの方じゃないとなかなか買える車ではありません。
ランドクルーザー200は、諸経費も込みで約550万円から600万円もする車ですから。

rankuru200-820.jpg

ランドクルーザー≫続きを読む
posted by ランドクルーザー ランクル 記録の細道 at 08:38 | Comment(0) | ランクル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ランドクルーザー200MODELLISTA(モデリスタ)

MODELLISTA(モデリスタ)
ランドクルーザー 世界最高SUV ランクルに乗ろう
ランクルエアロjpg


ランドクルーザー200のエアロパーツ。
トヨタの他車でもカスタマイズされている「MODELLISTA(モデリスタ)」がランクル200でも発売されています。
トヨタモデリスタインターナショナルは、SUVの最高峰であるランドクルーザーがするモデルチェンジされたのに伴ってカスタマイズアイテムとして「モデリスタバージョン」、「モデリスタセレクション」の2パターンを発売開始したのです。

ランドクルーザー≫続きを読む
posted by ランドクルーザー ランクル 記録の細道 at 20:02 | Comment(0) | ランクル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ランクル200のインテリア

ランクル200のインテリア
ランドクルーザー 世界最高SUV ランクルに乗ろう

rankuruinteria.jpg


ランドクルーザー200は、フルモデルチェンジされたことで世界一のトヨタテクノロジーを満載したインテリアとなっています。

ランドクルーザー≫続きを読む
posted by ランドクルーザー ランクル 記録の細道 at 14:37 | Comment(0) | ランクル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ランクル200のボディーデザイン

カービューの商用車買取査定

ランドクルーザー 世界最高SUV ランクルに乗ろう
ランクル200のボディーデザイン

ランクル2-200090217.jpg


フルモデルチェンジされたランドクルーザー。

「ランクル200」としてモデルチェンジされた事で、最高級の4WD車としての外装、デザインは更に進化したものとなっています。
「王者の風格」はその確固たる地位にふさわしいデザインでランクルユーザーの夢を叶えてくれます。
「ランクル200」のサイドビューは、安定感ある水平軸が長くしっかり通っており、機能を重視しながらも、よりボディー全体から立体感と重厚感が強調され、今まで以上に各段の力強さを感じさせます。
特に前後輪におけるフェンダーは、ボディーと融合した新しい造形処理が施され、最先端であると同時にダイナミックさを表現しています。
更に従来よりキャビンを前に出したことで、信じられないほど余裕のある広い室内空間を可能にしています。
車への乗り降りをサポートしてくれるサイドステップも、ボディーとの一体感により、その存在感をあまり感じさせないスマートでシンプルなデザインとなっています。
「ランクル」のイメージでその厚みを感じるリアビューは、左右独立した別立体のリアコンビランプ、ワイド感を重視したバンパー周りなど全体バランスとしてより力強さと安定感を感じさせてくれます。
バックドアのガーニッシュには横長なクロームメッキが施され高級感も表現されています。
まさに最新型の「ランクル」と見とれてしまいます。
よくフルモデルチェンジされると、前モデルの方が見慣れている為、格好悪くなった・・と言われることが多いですが、「ランクル200」は満足できる進化したデザインではないかと思うのですが、いかがでしょうか?





posted by ランドクルーザー ランクル 記録の細道 at 06:37 | Comment(0) | ランクル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ランドクルーザー200のフェイス



ランドクルーザー200のフェイス
ランドクルーザー 世界最高SUV ランクルに乗ろう

ランクルエアロjpg


トヨタのランドクルーザー200は、新開発のプラットフォームを導入し、RV車の命とも言えるフレーム、サスペンションを一新しています。
ランドクルーザー200には世界ナンバーワンと言っても過言ではないトヨタの最新テクノロジーを搭載し、前後左右の独立したオートエアコンをはじめ、アメニティも十分満足できる内容となっています。

ランドクルーザー200のデザインはその長い歴史と伝統を受け継ぎ、ひと目で「ランクル」と分かるアイデンティティを持ちながら、その上最新のデザインの魅力を持ち合わせています。
エクステリアは、力強さをベースに、しかも近代的なデザインテイストでまとめられています。
ランクルの伝統的である屈強なイメージで強靭な走りを思わせる迫力満点のシルエットは、従来のランクルの良い所を継承し、又、十分高級車感も漂うデザインテイストでしょう。
ランクルの顔でもあるフロントフェイスは、4WDの王者の風格を感じさせ、ボディーの重厚感、一体感からより近代的な力強さが感じられます。
台形を逆にした形の存在感溢れるグリルは、「4WDの王者」を意識させる意匠となっています。
左右に設置されたヘッドライトもキリリとした表情をより強調し、つり目の様なターンライトと合わせて精悍なデザインに仕上がっています。
さらにフロントバンパーは、フェンダーと同色になっている為、伝統のあるランドクルーザーをモダンに表現しています。
ランクル100から200へフルモデルチェンジされた事で、迫力満点な「ランクルの顔」は更に進化しました。

LANDCRUISER MAGAZINE (ランドクルーザー マガジン) 2009年 08月号 [雑誌]

LANDCRUISER MAGAZINE (ランドクルーザー マガジン) 2009年 08月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: かぴさまエンターテイ
  • 発売日: 2009/06/26
  • メディア: 雑誌


posted by ランドクルーザー ランクル 記録の細道 at 12:32 | Comment(0) | ランクル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ランドクルーザーの歴史

カーセンサーnet

ランドクルーザーの歴史
ランドクルーザー 世界最高SUV ランクルに乗ろう

rankuru200_3.jpg


4WD車の王者と言えるランドクルーザーの歴史。
トヨタのランドクルーザーの歴史は長く、1951年に「トヨタジープBJ」と言う名称で目的は警察のパトロールカーとして誕生しました。
今回のランドクルーザー200で9代目となりますが、自動車生産の最新技術をその都度搭載し、毎モデル満足できる仕様となっています。
今やランドクルーザーは世界最高のSUVである事は多くの人が認める所でしょう。
ランクルことランドクルーザーは長い歴史で培ったネームバリューと、最高級のSUVとして重厚感の漂うボディーから、ユーザーに与えるそのインパクトは決して衰えません。
今回モデルチェンジされたランドクルーザー200も最新機能を盛り込み、又、快適性も安全性もグレードアップして誕生しています。
オフロード走行面も、ランドクルーザーのその長い歴史で築き上げた車両の強度、耐久性、信頼性を更に進化させ、世界最高峰の動力性能を搭載しています。
前モデルとなるランクル100より若干のボディーサイズ拡大をしており、室内長は従来比175mmの延長が施されています。
特にそれぞれの座席の空間にゆとりが感じられる事でしょう。
室内長はフロントピラーを前出したキャビンフォワードによって延長が可能となり、ランクルユーザーに評価の高いボディーサイズを変えることなく、キャビンのゆとりを拡大できています。
そして、ランドクルーザーはオンロード性能も高級車に劣ることなく、乗用車から乗り換えたユーザーでも違和感を感ずることは無いでしょう。

posted by ランドクルーザー ランクル 記録の細道 at 05:53 | Comment(0) | ランクル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ランドクルーザー200に進化



ランドクルーザー200に進化
ランドクルーザー 世界最高SUVランクルに乗ろう
ランクル2-200090217.jpg

2007年に9年8ヶ月ぶりのモデルチェンジをした「ランドクルーザー」。
今回、ランドクルーザー200系モデルになるが、トヨタのランドクルーザーは世界的に人気のRV車である。
ランドクルーザーは悪路走行はもちろん、その高い操舵性と安全性、高品質では他社のRV車を相手にしない程である。
他乗用車などと違い、9年8ヶ月と長いモデルライフを続けられるのも、RV市場での高い人気が持続しているからである。
近年、自動車業界においても安全、環境対応は必須の条件になっており、今回200系へのフルモデルチェンジでランドクルーザーはどう進化したのだろう。

ランドクルーザーのインテリア、内装では前モデルの100系と同じ「SUVのレクサス」と言うイメージを受ける。
上級グレードの「AX Gセレクション」は、540万円と高額ではあるが本皮シート装備で、RV車と言っても十二分に高級車と言える。
ランドクルーザーは日本車でありながら室内空間もかなり広く設定されており、普段はあまり使用されない3列目シートも少々姿勢に難はあるが十分実用できるだろう。
100系よりも更に丸みを帯びた感じを受けるが、堂々たるスタイルは「ランクル」と一目で認識できる。
ランドクルーザーのエンジンは100系と基本的に同じ4.7リッターのV8エンジンを搭載し、パワーは288馬力と53馬力増となっている。
他車種のV8エンジンを搭載しているクラウン、マジェスタなどの高級車と比べても静かで滑らかであり、とてもRV車の域では無いと感じる程である。
ランドクルーザーの動力性能にも不満を感じる「ランクル」ユーザーはほとんど居ないのではないだろうか。
それくらいにランドクルーザー200は完成度の高い車であることは間違いない。



posted by ランドクルーザー ランクル 記録の細道 at 15:58 | Comment(0) | ランクル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ランクル100の魅力

カーセンサーnet  Powered by JANet
momobgyoko.JPG

ランクル100の魅力
ランドクルーザー 世界最高SUVランクルに乗ろう

ランクル100.jpg


トヨタのランドクルーザー。
現在は200系も発売され、相変わらず好調な売れ行きですが、200系の前モデルである100系も未だ中古車市場では人気も高く高価格で販売されているのがランドクルーザーです。

ランドクルーザー100系が販売、モデルチェンジされたのは1998年1月ですが、前モデルは60系となります。
60系もマニアに高く指示されている車種で人気が高いですが、100系の魅力について考えていきましょう。

ランドクルーザーの愛称「ランクル」は数多いRV車の中で、その価格からも伺えますが機能面や安全性でも最高級クラスと言えます。
こだわりを持ったランクルユーザーに好まれ、愛用されています。
100系は伝統のある悪路走破性、機動力、耐久性を更に進化させ、又、プレステージ性や安全性についても最高品質を実現しています。
RV車としての機能も十分ですが、どちらかと言うとSUVを意識したモデルではないでしょうか?

ランクルで悪路走行を楽しみたいユーザーにも、街中クルーズを目的としたユーザーにも高い評価を受けており、この先も長く人気を持続するでしょう。

ランクルの100系にはワゴンとバンがあり、ワゴンは3列シートの8人乗り、バンは2列シートの5人乗り仕様になっています。
共にセカンドシートのリクライニングや脱着機能による多彩なシートアレンジが可能です。
エンジンはワゴンが4.7リッターのV8DOHC32バルブ、バンには4.2リッターインタークーラー付EFIディーゼルターボを搭載しており、パワーは十二分ですね。



posted by ランドクルーザー ランクル 記録の細道 at 12:14 | Comment(0) | ランクル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ランドクルーザー200の走行性


比較.com 自動車保険一括見積もり
momobgyoko.JPG

ランドクルーザー200の走行性
ランドクルーザー世界最高SUVランクルに乗ろう

200rankuru.jpg


2007年、フルモデルチェンジをしたランドクルーザー200系の悪路走破性や一般道の走行性についてはどうでしょうか?
前モデルの「ランクル」100系では、ユーザーからの不満が多かったのはRV車なのですが悪路走破性であった様です。
理由としては「ランクル」100系からフロントのサスペンションが独立懸架となった為なのですが、今回のランドクルーザー200系ではその反省からオフロード機能が大幅に強化、改善されています。

また新しく搭載されたオフロード機能としては、3段階ある「クロールコントロール」と言う自動スピードコントロール機能ですが、悪路や傾斜のきつい上り坂、下り坂でも安全に走行が出来ます。

ランドクルーザーは市街地など一般道の走行においても、車重が2.5トンもある車とは思えないほどハンドリングが楽しく仕上がっています。
オンロードでランクルを楽しむユーザーも多いと思いますが、前モデル同様、それ以上に進化していると言えるでしょう。

高価な車である為、気軽には買い換えや新規購入できないと思いますが、一度ご検討されてはいかがでしょうか?
ランドクルーザーは、100系のみならず、80系、60系と歴代も市場では未だ大変人気の車種であり、「ランクル」から「ランクル」へ乗り換えるのであれば、かなり下取りも高く引取ってくれる場合が多いです。
オン、オフ両方の機能を兼ね備えた高級SUVとして確固たる地位を誇示しているランドクルーザーは、一度はユーザーとなってみたい車ではないでしょうか。
比較.comの自動車保険一括見積もり!【 無料! 】


ランドクルーザー≫続きはこちら
posted by ランドクルーザー ランクル 記録の細道 at 12:34 | Comment(0) | ランクル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お勧め♪バイク査定・買取

■BIKEBOONのバイク買取





■バイク買取。一括査定.ネット



posted by ランドクルーザー ランクル 記録の細道 at 15:47 | Comment(0) | ランクル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おすすめ♪車査定・見積もり

次項有お勧めする愛車無料査定



■CM・中古車専門誌でおなじみカーセンサー




■中古車買取といったら、やっぱり、ガリバーの無料査定




■ボクシング。内藤選手のカーチスでないとう?




■厳選高額査定企業5社。一括無料査定のオートワン




posted by ランドクルーザー ランクル 記録の細道 at 15:36 | Comment(0) | ランクル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高級車のレンタル 【リッチな気分で高級車】

高級車のレンタル 【リッチな気分で高級車】

高級車レンタル
高級車レンタル レンタルのメリット
高級車レンタル レンタルのデメリット
高級車レンタル レンタル料金
高級車レンタル 沖縄でのレンタル
高級車レンタル 社用車として使う
高級車レンタル リムジンを借りる
高級車レンタル オリックスレンタカー
高級車レンタル MINI
高級車レンタル 走行距離制限
高級車レンタル 事故と故障
高級車レンタル フェラーリ
高級車レンタル 保険について
高級車レンタル BMW
高級車レンタル エスタブリッシュクラブ
高級車レンタル ベンツ
高級車レンタル GT−R
高級車レンタル ロールスロイス
高級車レンタル ポルシェ
高級車レンタル ハーツ
高級車レンタル ボルボ
高級車レンタル レクサス
高級車レンタル スペース・ウィン
高級車レンタル ハマーH2
高級車レンタル オープンカー



posted by ランドクルーザー ランクル 記録の細道 at 13:50 | Comment(0) | ランクル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ランドクルーザー200レポート

今回フルモデルチェンジされた「ランドクルーザー」200系の詳細レポートを紹介します。

ボディスタイルは良き伝統を受け継いだオフロードSUVの典型的な形状をしていますが、他にはない圧倒的な存在感が感じられます。
スッキリした外観スタイルは、1980年に革新的に登場した「ランドクルーザー」60系から基本的に変化していません。
同じトヨタのクラウンにも言えることですが、「ランドクルーザー」の様な長い歴史を維持し続ける定番モデルは、ブームや市場の動向に流されることなく、いつの時代も変わらない高い価値を提供してくれます。
テクノロジーの進化によって、装備内容やメカニズムはもちろん最新の機能を装備しますが、デザインなどイメージに関わる部分は、大きく変化させないのです。
これはいつも高い人気を維持し続けている自信の表れでもあるかもしれませんが、大きく変化させる必要がなく、そのデザインそのものが「ランドクルーザー」なのでしょう。

「ランドクルーザー」の最大のイメージは、日本車とは思えない大柄なボディサイズでしょう。
全長5m、全幅は2m近くにも達し、全高は約1.9m
もあります。
フロントデザインもマスクや周辺にクロームメッキが施され、全面に押し出されたラグジュアリー指向となっています。
遠くからの対向車でもランドクルーザーだと一瞬で認識され、レクサスのLSよりもインパクトが強いのではないでしょうか。
長くワイドなボンネットは水平基調となっているため、運転している時でも先端が確認でき、ドライバーにワイドボディを常に感じさせてくれます
posted by ランドクルーザー ランクル 記録の細道 at 12:00 | Comment(0) | ランクル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ランドクルーザー200系

日産の「サファリ」が生産、販売を終了したため、エンジン排気量が4000ccを超えるSUVはランドクルーザーのみとなりました。
ランドクルーザーは高級車、高価格であるのにも関わらず、相変わらず人気絶大で日本における「キング・オブ・オフローダー」の名を確固たるものにしている。
前モデルである「ランクル100」からフルモデルチェンジされて「ランクル200」となりましたが、正式な車名は「ランドクルーザー」のみです。
その長い歴史と今後未来も続くその王道は他の追撃を許さないことでしょう。

「ランドクルーザー」200のボディサイズは全長4950mmと約5m、全幅も1970mmと約2mにもなります。
これだけ大きな日本車は他には存在しませんが、その分最少回転半径も5.9mもあり、小回りが利かないと苦労する日本の道路では少々取りまわししづらいでしょう。
しかしオーナーやランクルファンにとっては、そこがまた魅力的で人気の元ともなっています。
慣れてくると運転にも苦労しなくなって、市街地でこの巨体を乗りまわせるのは、ある意味テクニシャンですからね。
軽自動車や小型車の良さでもある小回りが利かないランドクルーザーを攻略することも面白いのです。

市場調査によると多くのオーナーは、本骨頂である悪路走破性能より、重厚感漂うそのボディスタイル、デザインに魅力を感じてランドクルーザーを購入するそうです。
近年はSUVでもシティ派が増えていて前輪駆動がベースとなっていますが、ランドクルーザーの様な後輪駆動のSUVに希少価値が生まれさらに人気が高まっています。
posted by ランドクルーザー ランクル 記録の細道 at 12:00 | Comment(0) | ランクル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ランクル200の値引き

待ちに待ったランドクルーザーのフルモデルチェンジ。
SUVとしての世界ナンバーワンを争うトヨタのランドクルーザーは高級車と言っても過言ではなく、その価格も高価格ですよね。
確かにお金持ちの方じゃないとなかなか買える車ではありません。
ランドクルーザー200は、諸経費も込みで約550万円から600万円もする車ですから。

前モデルのランドクルーザー100のオーナーであれば乗り換えと言うことになりますが、ランクルは中古車市場で不動の人気を維持しているため、結構良い価格で下取りしてくれます。
日本のみならず世界中での需要が高いランドクルーザーですからね。
中でもディーゼルエンジン車は人気が高く、より高値で取引されているようです。

トヨタの高品質で最高級なランドクルーザーを思い切って購入検討されている方も少なくはないでしょうが、ディーラーにおける値引きは基本的に「ゼロ」円だそうです。
値引きをしなくても売れる車ですから仕方ない結果でしょうが残念ですね。
この先もあまり値引きは期待できない様な気がします。
でも営業マンに許されている値引き価格は「5万円」と言う噂話も耳にします。
550万円から600万円する車の値引き価格がたったの「5万円」ではあまり関係ありませんね。

購入の際にケチケチ値引き交渉する姿はランドクルーザーのオーナーにはふさわしくないのでしょうか?
でもディーラーに下取車の査定やオプションなどで勉強して欲しいものです。
posted by ランドクルーザー ランクル 記録の細道 at 12:00 | Comment(0) | ランクル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ランドクルーザー200のエアロパーツ

ランドクルーザー200のエアロパーツ。
トヨタの他車でもカスタマイズされている「MODELLISTA(モデリスタ)」がランクル200でも発売されています。
トヨタモデリスタインターナショナルは、SUVの最高峰であるランドクルーザーがするモデルチェンジされたのに伴ってカスタマイズアイテムとして「モデリスタバージョン」、「モデリスタセレクション」の2パターンを発売開始したのです。

ランクル200の「モデリスタバージョン」は、その重厚感と高級感を持ち合わせたランドクルーザー200を更に都市部で圧倒的に存在感をアピールさせることを狙って、「アーバンビッグクルーザー」を方針にフロント、リアそれぞれのスポイラーを開発しています。
ランクル200が持つ、長く水平にのびるボディラインとワイドな意匠面をより強調、又、フェンダーからそれぞれのスポイラーへの一体感は都会派にふさわしいSUVに仕上がっています。
気になる価格はフロントスポイラー、リアスカートのセットで税込家買う9万6600円となっています。

「モデリスタセレクション」は、メッキが施された20インチのアルミホイールとタイヤのセット、又、18インチのアルミホイールセットとスポーツマフラーが用意されています。
20インチのアルミホイールとタイヤのセットが63万円、18インチのアルミホイールセットは14万9100円と設定され、スポーツマフラーは8万8200円となっています。
新車購入時にセッティングされるオーナーが多く、その壮観な外観は思わず見とれてしまいます。
ただでさえ迫力満点なランドクルーザーにエアロパーツを装着したその姿はコンセプトである「存在感」を十分発揮しています。
posted by ランドクルーザー ランクル 記録の細道 at 13:00 | Comment(0) | ランクル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ランクル200の標準装着タイヤ

トヨタランドクルーザー200に標準装着されているタイヤはミシュランタイヤの「LATITUDE Tour HP」です。
その重厚な車両と4WD車にふさわしいタイヤサイズは285/60R18が装着されています。
ミシュランのタイヤブランド「4×4」(フォーバイフォー)に代わる新ブランドが「LATITUDE」となりますが、SUV用として高品質なタイヤです。
その中でも「Tour HP」は、オンロードにおける安定性と快適性を重視して開発されたSUV専用タイヤであり、SUV車の中でも最高級のランドクルーザーにぴったりな選択でしょう。
ランドクルーザーは4WD車として悪路走行も当然トップクラスですが、オンロードでのクルージングを楽しまれるユーザーも多いのでより安定したドライブが可能でしょう。

ミシュランの「LATITUDE」のブランド名称は、ラティチュード「地球の緯度」と言った意味であり、世界規模で市場展開されるミシュランブランドに見合ったブランド名です。

ランドクルーザー200はSUVとして、オン・オフロード性能どちらをとっても最高級ですが、やはりオンロードを走る機会の方が圧倒的に多いため、ユーザーにとってはオンロード性能をより高めたタイヤ「LATITUDE Tour HP」の装着は満足できるのではないでしょうか。
快適で安定した走行性能が、上質な乗り心地を可能にし、ウエットでもドライでもしっかりグリップしてくれます。
「LATITUDE Tour HP」は、快適な走りと耐摩耗性を両立させたロングライフな設計が施されています。
posted by ランドクルーザー ランクル 記録の細道 at 13:00 | Comment(0) | ランクル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ランクル200のインテリア

ランドクルーザー200は、フルモデルチェンジされたことで世界一のトヨタテクノロジーを満載したインテリアとなっています。

ランドクルーザーの長い歴史で培われた力強さと伝統を継承しながら、細かい所に至るまで高級感を重視したデザインとなっています。
特にコックピット周辺は、SUV車とは感じさせない豪華な仕様となっていて、高級セダンにも劣らない上質なクルージングを感じさせてくれます。

インストルメントパネルは、しっかり長く水平方向に軸が通った造形で、全席から見ても圧倒的なワイド感が感じられます。
スペース内は段差を減少させた面一構造を採用、ハンドルやシフトノブなどには木目調の基調、クロームバーが施され従来以上に高級感を実現しています。

ナビゲーションシステム、空調、オーディオ類は、より機能的な配置に配慮されていて、使用性、視認性の向上を実現しています。
又、カーボン調のパネルはその高い精度を演出し、インテリア全体としてさすがトヨタ車と言ったところでしょう。

キャビンを前出ししたことにより、ユーザー評価の高いボディーのサイズはそのままで、室内長を大幅に延長しています。
よりゆとりあるクルージングが可能で、又、ラゲッジルームも拡大、使用用途に合わせた多彩なシートアレンジと合わせ、広い室内空間を十二分に活用できるパッケージとなっています。
シートアレンジは楽に簡単な手順でアレンジできるので目的に合わせ、いじるのが楽しくなります。
posted by ランドクルーザー ランクル 記録の細道 at 14:00 | Comment(0) | ランクル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ランクル200のボディーデザイン

フルモデルチェンジされたランドクルーザー。
「ランクル200」としてモデルチェンジされた事で、最高級の4WD車としての外装、デザインは更に進化したものとなっています。
「王者の風格」はその確固たる地位にふさわしいデザインでユーザーの夢を叶えてくれます。

「ランクル200」のサイドビューは、安定感ある水平軸が長くしっかり通っており、機能を重視しながらも、よりボディー全体から立体感と重厚感が強調され、今まで以上に各段の力強さを感じさせます。
特に前後輪におけるフェンダーは、ボディーと融合した新しい造形処理が施され、最先端であると同時にダイナミックさを表現しています。
更に従来よりキャビンを前に出したことで、信じられないほど余裕のある広い室内空間を可能にしています。

車への乗り降りをサポートしてくれるサイドステップも、ボディーとの一体感により、その存在感をあまり感じさせないスマートでシンプルなデザインとなっています。
「ランクル」のイメージでその厚みを感じるリアビューは、左右独立した別立体のリアコンビランプ、ワイド感を重視したバンパー周りなど全体バランスとしてより力強さと安定感を感じさせてくれます。
バックドアのガーニッシュには横長なクロームメッキが施され高級感も表現されています。
まさに最新型の「ランクル」と見とれてしまいます。

よくフルモデルチェンジされると、前モデルの方が見慣れている為、格好悪くなった・・と言われることが多いですが、「ランクル200」は満足できる進化したデザインではないでしょうか?


安い快適楽天BB
posted by ランドクルーザー ランクル 記録の細道 at 12:00 | Comment(0) | ランクル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ランクル200の顔

トヨタのランドクルーザー200は、新開発のプラットフォームを導入し、RV車の命とも言えるフレーム、サスペンションを一新しています。
世界ナンバーワンと言っても過言ではないトヨタの最新テクノロジーを搭載し、前後左右の独立したオートエアコンをはじめ、アメニティも十分満足できる内容となっています。

デザインはその長い歴史と伝統を受け継ぎ、ひと目で「ランクル」と分かるアイデンティティを持ちながら、その上最新のデザインの魅力を持ち合わせています。
エクステリアは、力強さをベースに、しかも近代的なデザインテイストでまとめられています。
伝統的である屈強なイメージで強靭な走りを思わせる迫力満点のシルエットは、従来のランクルの良い所を継承し、又、十分高級車感も漂うデザインテイストでしょう。
顔でもあるフロントフェイスは、4WDの王者の風格を感じさせ、ボディーの重厚感、一体感からより近代的な力強さが感じられます。

台形を逆にした形の存在感溢れるグリルは、「4WDの王者」を意識させる意匠となっています。
左右に設置されたヘッドライトもキリリとした表情をより強調し、つり目の様なターンライトと合わせて精悍なデザインに仕上がっています。
さらにフロントバンパーは、フェンダーと同色になっている為、伝統のあるランドクルーザーをモダンに表現しています。

ランクル100から200へフルモデルチェンジされた事で、迫力満点な「ランクルの顔」は更に進化しました。
posted by ランドクルーザー ランクル 記録の細道 at 12:00 | Comment(0) | ランクル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ安い快適楽天BB人気ブログランキングへ

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。