総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事楽天の愛車

「キング・オブ・4WD」 ランドクルーザー

30万台以上の在庫から簡単検索 欲しいクルマがきっと見つかる

海外の防犯事情(5)

アンケート調査06クリック!エコ社会に関するアンケートでJTB旅行券10万円分!

海外の防犯事情(ドイツ)
ランドクルーザー 世界最高SUV ランクルに乗ろう

rankuru100_2.jpg


前回まで、カナダとイタリアの車に対する防犯事情や防犯対策をご紹介してきましたが、今回はドイツについてご紹介しましょう。
ドイツは犯罪率が高い国とも言われており、原因としては麻薬のまん延や失業率が高いことなどが挙げられます。
駅や繁華街、路上などでの犯罪が多くなっているようです。
自動車盗難でみてみますと、1993年頃がピークといわれております。
東西の壁が崩壊された後に東欧に向けて盗難車が持ち出されたことから始まり、1990年から1993年の間には14万台もの車が盗難に遭いました。
この状況を止めるべく、ドイツでは1995年からイモビライザーの装着が義務化されました。
イモビライザーとは、車の防犯対策として最も効果的な対策と言われており、日本ではイモビライザー装着車には保険の割引をしている保険会社もあります。
イモビライザーの詳細につきましては、以前にもご紹介しましたのでそのお話も合わせて御覧になってください。

ワイズギア:A324 イモビライザー 標準装備車専用 アラーム

ワイズギア:A324 イモビライザー 標準装備車専用 アラーム

  • 出版社/メーカー: ワイズギア
  • メディア: その他


「EU内で出荷される新車はイモビライザーを標準装備にすること」という指令が出されたのは、その2年後ですからドイツはいち早く防犯対策に取り組んでいたわけです。
このイモビライザー標準装備対策によって、1997年の自動車盗難件数は1993年と比べますと約65パーセントも減少しました。
ドイツでの車の防犯対策としては、駐車場に気をつけることでしょう。
日本においてもいえることですが、暗いところや人通りの少ないところは避けましょう。
また、鍵をかけることを忘れないこと、車の中に荷物や貴重品を置いたままで離れないようにしましょう。
カギの閉め忘れなどの些細なミスが大きな犯罪につながることもありますから、十分注意してください。


posted by ランドクルーザー ランクル 記録の細道 at 05:13 | Comment(0) | 車の防犯対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
人気ブログランキングへ安い快適楽天BB人気ブログランキングへ

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康 

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。