総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事楽天の愛車

「キング・オブ・4WD」 ランドクルーザー

30万台以上の在庫から簡単検索 欲しいクルマがきっと見つかる

ランクル100の魅力

カーセンサーnet  Powered by JANet
momobgyoko.JPG

ランクル100の魅力
ランドクルーザー 世界最高SUVランクルに乗ろう

ランクル100.jpg


トヨタのランドクルーザー。
現在は200系も発売され、相変わらず好調な売れ行きですが、200系の前モデルである100系も未だ中古車市場では人気も高く高価格で販売されているのがランドクルーザーです。

ランドクルーザー100系が販売、モデルチェンジされたのは1998年1月ですが、前モデルは60系となります。
60系もマニアに高く指示されている車種で人気が高いですが、100系の魅力について考えていきましょう。

ランドクルーザーの愛称「ランクル」は数多いRV車の中で、その価格からも伺えますが機能面や安全性でも最高級クラスと言えます。
こだわりを持ったランクルユーザーに好まれ、愛用されています。
100系は伝統のある悪路走破性、機動力、耐久性を更に進化させ、又、プレステージ性や安全性についても最高品質を実現しています。
RV車としての機能も十分ですが、どちらかと言うとSUVを意識したモデルではないでしょうか?

ランクルで悪路走行を楽しみたいユーザーにも、街中クルーズを目的としたユーザーにも高い評価を受けており、この先も長く人気を持続するでしょう。

ランクルの100系にはワゴンとバンがあり、ワゴンは3列シートの8人乗り、バンは2列シートの5人乗り仕様になっています。
共にセカンドシートのリクライニングや脱着機能による多彩なシートアレンジが可能です。
エンジンはワゴンが4.7リッターのV8DOHC32バルブ、バンには4.2リッターインタークーラー付EFIディーゼルターボを搭載しており、パワーは十二分ですね。



posted by ランドクルーザー ランクル 記録の細道 at 12:14 | Comment(0) | ランクル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キング・オブ・4WD ランドクルーザー200


JANet

キング・オブ・4WD ランドクルーザー200
ランドクルーザー 世界最高SUV ランクルに乗ろう

LANDCRUISER MAGAZINE (ランドクルーザー マガジン) 2009年 07月号 [雑誌]

LANDCRUISER MAGAZINE (ランドクルーザー マガジン) 2009年 07月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: かぴさまエンターテイ
  • 発売日: 2009/05/26
  • メディア: 雑誌


ランドクルーザーがフルモデルチェンジされました。
トヨタの「ランドクルーザー」は初代誕生から国産車としては最古となる50年以上の長い歴史を持っています。
「ランドクルーザー200」は、「キング・オブ・4WD」の開発テーマに見合う、トヨタのハイテクノロジーを駆使したプラットフォーム化や最新サスペンションを装備しています。
最新トレンドや環境対応に合わせ、高出力、低燃費を実現し、V8−4.7リットル2UZ−FEエンジンは、吸気側にVVT−iを装着することで、前モデルから53馬力出力向上させながら燃費も向上させています。
rankuru_200-1.jpg 今回ランドクルーザーのフルモデルチェンジはエンジン以外の様々な部位も向上しています。
デザインやフレーム構造は継承しながら、強度や耐久性の向上、合わせて衝突時の安全性や走行快適性を合わせ持つ、バランスの良い仕上がりとなっています。
トヨタテクノロジーは、新開発サスペンションの搭載やエンジン、ブレーキの自動制御機能、世界初となる悪路での走行補佐機能クロールコントロールも搭載されています。
ランクルの愛称で親しまれている、ランドクルーザーですが、ランドクルーザーと言う名前は誰もが良く知っていますが、あらためて「キング・オブ・4WD」と言う訳を実感させられます。
ランドクルーザーは世界最上級のSUVにベストマッチな命名ではないでしょうか?
50年前に車名を決めたトヨタのイメージに合う開発とこだわりを感じます。
「ランドクルーザー200」は購入価格も最高級らしく高価ではありますが、どうしてもオーナーになりたくて仕方がない方は沢山居るのではないでしょうか?

NEW ランドクルーザー最上級ZX登場≫続きの記事はこちらrankuruZX.jpg



ランクル100の魅力≫記事はこちら
ランドクルーザー≫続きの記事を読む
posted by ランドクルーザー ランクル 記録の細道 at 17:22 | Comment(0) | ランクル トップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海外の防犯事情(5)

アンケート調査06クリック!エコ社会に関するアンケートでJTB旅行券10万円分!

海外の防犯事情(ドイツ)
ランドクルーザー 世界最高SUV ランクルに乗ろう

rankuru100_2.jpg


前回まで、カナダとイタリアの車に対する防犯事情や防犯対策をご紹介してきましたが、今回はドイツについてご紹介しましょう。
ドイツは犯罪率が高い国とも言われており、原因としては麻薬のまん延や失業率が高いことなどが挙げられます。
駅や繁華街、路上などでの犯罪が多くなっているようです。
自動車盗難でみてみますと、1993年頃がピークといわれております。
東西の壁が崩壊された後に東欧に向けて盗難車が持ち出されたことから始まり、1990年から1993年の間には14万台もの車が盗難に遭いました。
この状況を止めるべく、ドイツでは1995年からイモビライザーの装着が義務化されました。
イモビライザーとは、車の防犯対策として最も効果的な対策と言われており、日本ではイモビライザー装着車には保険の割引をしている保険会社もあります。
イモビライザーの詳細につきましては、以前にもご紹介しましたのでそのお話も合わせて御覧になってください。

ワイズギア:A324 イモビライザー 標準装備車専用 アラーム

ワイズギア:A324 イモビライザー 標準装備車専用 アラーム

  • 出版社/メーカー: ワイズギア
  • メディア: その他


「EU内で出荷される新車はイモビライザーを標準装備にすること」という指令が出されたのは、その2年後ですからドイツはいち早く防犯対策に取り組んでいたわけです。
このイモビライザー標準装備対策によって、1997年の自動車盗難件数は1993年と比べますと約65パーセントも減少しました。
ドイツでの車の防犯対策としては、駐車場に気をつけることでしょう。
日本においてもいえることですが、暗いところや人通りの少ないところは避けましょう。
また、鍵をかけることを忘れないこと、車の中に荷物や貴重品を置いたままで離れないようにしましょう。
カギの閉め忘れなどの些細なミスが大きな犯罪につながることもありますから、十分注意してください。


posted by ランドクルーザー ランクル 記録の細道 at 05:13 | Comment(0) | 車の防犯対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ランドクルーザー200に進化



ランドクルーザー200に進化
ランドクルーザー 世界最高SUVランクルに乗ろう
ランクル2-200090217.jpg

2007年に9年8ヶ月ぶりのモデルチェンジをした「ランドクルーザー」。
今回、ランドクルーザー200系モデルになるが、トヨタのランドクルーザーは世界的に人気のRV車である。
ランドクルーザーは悪路走行はもちろん、その高い操舵性と安全性、高品質では他社のRV車を相手にしない程である。
他乗用車などと違い、9年8ヶ月と長いモデルライフを続けられるのも、RV市場での高い人気が持続しているからである。
近年、自動車業界においても安全、環境対応は必須の条件になっており、今回200系へのフルモデルチェンジでランドクルーザーはどう進化したのだろう。

ランドクルーザーのインテリア、内装では前モデルの100系と同じ「SUVのレクサス」と言うイメージを受ける。
上級グレードの「AX Gセレクション」は、540万円と高額ではあるが本皮シート装備で、RV車と言っても十二分に高級車と言える。
ランドクルーザーは日本車でありながら室内空間もかなり広く設定されており、普段はあまり使用されない3列目シートも少々姿勢に難はあるが十分実用できるだろう。
100系よりも更に丸みを帯びた感じを受けるが、堂々たるスタイルは「ランクル」と一目で認識できる。
ランドクルーザーのエンジンは100系と基本的に同じ4.7リッターのV8エンジンを搭載し、パワーは288馬力と53馬力増となっている。
他車種のV8エンジンを搭載しているクラウン、マジェスタなどの高級車と比べても静かで滑らかであり、とてもRV車の域では無いと感じる程である。
ランドクルーザーの動力性能にも不満を感じる「ランクル」ユーザーはほとんど居ないのではないだろうか。
それくらいにランドクルーザー200は完成度の高い車であることは間違いない。



posted by ランドクルーザー ランクル 記録の細道 at 15:58 | Comment(0) | ランクル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ランドクルーザーの歴史

カーセンサーnet

ランドクルーザーの歴史
ランドクルーザー 世界最高SUV ランクルに乗ろう

rankuru200_3.jpg


4WD車の王者と言えるランドクルーザーの歴史。
トヨタのランドクルーザーの歴史は長く、1951年に「トヨタジープBJ」と言う名称で目的は警察のパトロールカーとして誕生しました。
今回のランドクルーザー200で9代目となりますが、自動車生産の最新技術をその都度搭載し、毎モデル満足できる仕様となっています。
今やランドクルーザーは世界最高のSUVである事は多くの人が認める所でしょう。
ランクルことランドクルーザーは長い歴史で培ったネームバリューと、最高級のSUVとして重厚感の漂うボディーから、ユーザーに与えるそのインパクトは決して衰えません。
今回モデルチェンジされたランドクルーザー200も最新機能を盛り込み、又、快適性も安全性もグレードアップして誕生しています。
オフロード走行面も、ランドクルーザーのその長い歴史で築き上げた車両の強度、耐久性、信頼性を更に進化させ、世界最高峰の動力性能を搭載しています。
前モデルとなるランクル100より若干のボディーサイズ拡大をしており、室内長は従来比175mmの延長が施されています。
特にそれぞれの座席の空間にゆとりが感じられる事でしょう。
室内長はフロントピラーを前出したキャビンフォワードによって延長が可能となり、ランクルユーザーに評価の高いボディーサイズを変えることなく、キャビンのゆとりを拡大できています。
そして、ランドクルーザーはオンロード性能も高級車に劣ることなく、乗用車から乗り換えたユーザーでも違和感を感ずることは無いでしょう。

posted by ランドクルーザー ランクル 記録の細道 at 05:53 | Comment(0) | ランクル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ランドクルーザー200のフェイス



ランドクルーザー200のフェイス
ランドクルーザー 世界最高SUV ランクルに乗ろう

ランクルエアロjpg


トヨタのランドクルーザー200は、新開発のプラットフォームを導入し、RV車の命とも言えるフレーム、サスペンションを一新しています。
ランドクルーザー200には世界ナンバーワンと言っても過言ではないトヨタの最新テクノロジーを搭載し、前後左右の独立したオートエアコンをはじめ、アメニティも十分満足できる内容となっています。

ランドクルーザー200のデザインはその長い歴史と伝統を受け継ぎ、ひと目で「ランクル」と分かるアイデンティティを持ちながら、その上最新のデザインの魅力を持ち合わせています。
エクステリアは、力強さをベースに、しかも近代的なデザインテイストでまとめられています。
ランクルの伝統的である屈強なイメージで強靭な走りを思わせる迫力満点のシルエットは、従来のランクルの良い所を継承し、又、十分高級車感も漂うデザインテイストでしょう。
ランクルの顔でもあるフロントフェイスは、4WDの王者の風格を感じさせ、ボディーの重厚感、一体感からより近代的な力強さが感じられます。
台形を逆にした形の存在感溢れるグリルは、「4WDの王者」を意識させる意匠となっています。
左右に設置されたヘッドライトもキリリとした表情をより強調し、つり目の様なターンライトと合わせて精悍なデザインに仕上がっています。
さらにフロントバンパーは、フェンダーと同色になっている為、伝統のあるランドクルーザーをモダンに表現しています。
ランクル100から200へフルモデルチェンジされた事で、迫力満点な「ランクルの顔」は更に進化しました。

LANDCRUISER MAGAZINE (ランドクルーザー マガジン) 2009年 08月号 [雑誌]

LANDCRUISER MAGAZINE (ランドクルーザー マガジン) 2009年 08月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: かぴさまエンターテイ
  • 発売日: 2009/06/26
  • メディア: 雑誌


posted by ランドクルーザー ランクル 記録の細道 at 12:32 | Comment(0) | ランクル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ安い快適楽天BB人気ブログランキングへ

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。